杉田かおるの旦那は鮎川純太?スキャンダルまみれの過去!現在は極貧生活か?

杉田かおる 画像

女優の杉田かおる(51)が9月9日放送の金曜プレミアム「訂正させて下さい~人生を狂わせたスキャンダル~」に登場します。

番組では過去に巻き起こしたスキャンダルの数々を語り、その真相に迫っていくようです。
現在、杉田かおるは2013年に再婚した6歳年下で建築関係の博士の旦那と、肺を悪くして療養中の母親の3人で湘南に住居を構え、畑で農作物を育てながら生活しているといいます。

以前から所属していた事務所を退社した杉田は、女優としての仕事がほとんどない状態だそうで、テレビ局に仕事で来た際には「弁当を持ち帰って食費を浮かせてる」なんて噂になっているようです。

今回は、杉田かおるの旦那のことや、スキャンダルまみれの過去について検証してみようと思います。

Sponsored Link

杉田かおるの旦那は鮎川純太?

杉田かおるは、2005年1月11日に、日産コンツェルン創始者・鮎川義介の孫である鮎川純太氏と結婚しました。

日産コンツェルンは、日本屈指の財閥で十五大財閥の1つ。

その巨大企業グループの創始者・鮎川義介を祖父に持つのが、元旦那の鮎川純太氏です。

当時の杉田は『ロンドンハーツ』や『めちゃ×2イケてるッ』などのバラエティ番組で活躍中。

いわゆる「ヨゴレ」的立ち位置でイジられていたのですが、まさかの玉の輿婚で世間を驚愕させました。

それも、かつて借金まみれで落ち目女優だったところから一転、究極の勝ち組セレブ女優となったのです。

しかし、結婚生活は長くは続かず、わずか7ヵ月後の2005年8月11日に離婚。

その後は、杉田の手記に対し、名誉を棄損されたなどとして元旦那の鮎川氏に訴えられるなど、またもや苦難を経たのですが、2013年に「一般男性」と再婚しました。

その再婚した相手というのが建築関係の博士をしている今の旦那でした。

きっかけは元カレの紹介で、農作業や畑が縁だったことを告白しています。

杉田は再婚した旦那のことを「すごく頭が良くて、変態。年下ですごいイケメンで理想なの私の。器が大きくて」とノロケまくり。

建築関係の博士をしているという旦那も杉田に毒舌の印象があったためなのか、「実はやさしい人だなと思ってくれたみたいで」と、お互い引かれ合ったことを告白していたのでした。

Sponsored Link

杉田かおる スキャンダルまみれの過去

杉田かおるは7歳のときにテレビドラマ「パパと呼ばないで」で子役デビュー。

その後は「天才子役」と呼ばれ、数多くのCMやテレビに出演するなど活躍しました。

13歳のときに事務所を独立。

しかし設立した事務所が倒産。幼くして300万円の借金を背負うことになったそうです。

そんな中、杉田は最初の転機を迎えることに。

それは15歳のときに出演した『3年B組金八先生』だったのです。

そのころは、借金もあって低迷していたらしいのですが、この出演を機に運気の流れが変わったなと実感したといいます。

『3年B組金八先生』で演じたのは中学生で妊娠する難しい役柄で、オーディションの面接で『あなたならできますよ』と言われ、わらをもつかむ思いでの再チャレンジだったそうです。

この役が脚光を浴び、杉田は女優としての階段を駆け上がりますが、26歳のとき、借金の連帯保証人になり、またしても1億円の借金を負うことになります。

また、杉田のスキャンダルは借金だけにとどまらず「不倫騒動」も巻き起こしています。

2006年9月、杉田は50代のマスコミ関係者と不倫交際していることが報じられました。

杉田の不倫を報じたのは、週刊誌「女性自身」。

記事には男性と都内の路上でキスし、ホテルへ入った様子がキャッチされ掲載されていました。

数日後、杉田は主演舞台の終演後に都内で釈明会見を行い、2人で「休憩」したことを認めましたが、記事に書いてある関係について「8年来の知人で恋人でも友達でもない。大事な方は高級ホテルに連れて行く」と否定したのでした。

杉田かおる 現在は極貧生活か?

数々のスキャンダルを巻き起こしてきた杉田かおるの現在は、仕事がなく、「極貧生活」を送っているといいます。

テレビ局のスタッフ話によると、「仕事が減ってきて苦しいのはわかりますが、正直、夫婦でお弁当を持って帰るというのはあまり聞いたことがないですね。」と、杉田が仕事に旦那を連れてきて、局の弁当を持って帰るのを目撃したことを告白しています。
しかも現場にマネジャーが別にいたことも確認されているようで、マネジャーでもない旦那が現場にいたのにも驚いたといいます。

以前から畑などに興味があり、40代は農業をやりたいと思っていたという杉田ですが、現在は事務所をやめて仕事がなく、生活にも支障をきたすレベルだったとは誰も想像しなかったと思います。

Sponsored Link