小田かおるの脳梗塞は旦那の借金が原因?娘が通っていた大学はどこ?

小田かおる 現在 画像

1983年公開の映画「セーラー服百合族」でデビューした女優の小田かおる(55)が、7月1日放送の「爆報THEフライデー!」に出演します。

現在、小田かおるは、脳梗塞(脳出血)を患い、半身マヒ状態だといいます。

脳梗塞になったのは、借金を抱え蒸発した旦那が原因だったのかもしれません。

そして、脳梗塞を患う小田を看病しているのは、借金を抱え蒸発した旦那との間に生まれた娘さんだそうです。

娘さんは母親の入院費を払う為、大学を中退したということですが、果たして現在はどのような状況になっているのでしょうか?

今回の番組で明らかになると思われます。

Sponsored Link

小田かおるの脳梗塞は旦那の借金が原因?

小田かおるの脳梗塞は、去年の「爆報THEフライデー!」でも紹介されていましたが、今回はその後ということで再び登場するようです。

前回の放送では、俳優の谷隼人との不倫をスクープされたことをきっかけに芸能界から姿を消し、現在はシングルマザーとして、大学生の娘さんとアパート暮らしをしていることが分かりました。

芸能界を去った後、小田は地元の山梨に戻り、32歳の時に5歳年上の舞台俳優と結婚して一人娘を出産。

その後、旦那は運送会社を始め大成功をおさめます。

幸せの日々を送っていましたが、小田が41歳のころから旦那の仕事がうまく行かなくなり借金が増え続け、やがて旦那が蒸発。

残ったのは6000万円の借金だったのです。

小田は旦那の借金で自宅を差し押さえられ、6000万円を肩代わりするはめに。

娘と築40年の木造アパートに住み移り1日2食の極貧生活を強いられたといいます。

そして、小田は借金返済の為に働き倒しますが、それでも一家心中も図ろうとしたこともあったほど追い詰められ、残りの借金が100万円となったところで自己破産をします。

さらに、そのころの小田に悪夢が襲いかかります。

1年くらい前からろれつが回らなくなるなどの症状が現れていて、病院で検査すると隠れ脳梗塞が発覚。

旦那の借金が原因で働き詰めだったため、身体に異常が生じたのでした。

Sponsored Link

小田かおるの娘が通っていた大学はどこ?

脳梗塞を患い歩くのも困難だった小田かおるには一つだけ誇れる事があるといいます。

それは地元の公立大学に合格し、奨学金で大学へと通う娘さんの存在だったのです。

娘さんは勤勉で学部でも2番の成績を取るなど優秀で、学費が半額免除になったとか。

さらに、海外に留学し現地で働くという野望を持って日々努力しているといいます。

そんな娘さんは現在、大学を辞めて母親の看病をしています。

大学を辞めたのは、母親の病状が半身マヒ状態なので一人娘としては看病しなくてはならないからでした。

母親の為には致し方ありませんが、娘さんの通っていた大学というのも気になるところです。

小田の地元が山梨県の甲府ということを考えると、娘さんの通っていた公立大学は甲府にある「山梨県立大学」の可能性が高いと思われます。

脳梗塞で半身マヒになってしまったら、後はリハビリしかありません。

少しでも回復できると良いですね。

Sponsored Link