デヴィ夫人がブログでカイヤを罵倒!共演NGの理由は名誉毀損?

デヴィ夫人 カイヤ 画像

デヴィ夫人が共演NGだったカイヤと11年ぶりに8月1日放送の「7時にあいましょう」で対面を果たします。

番組では、『芸能界!禁断の対面!イザコザ完全決着SP』と題し、これまで2人にあったイザコザを解消して、カイヤが謝罪するようです。

デヴィ夫人のカイヤに対する怒りはブログにも記されています。

そこには、「卑劣なカイヤ」とのタイトルでカイヤを罵倒する文面が掲載されているのです。

そもそもカイヤの虚言を信じたおかげで、デヴィ夫人は名誉毀損で岩本あゆみから告訴されてしまい、損害賠償を支払うはめになったそうです。

当然、デヴィ夫人はカイヤが証人になってくれるか、少なくとも陳述書を書いてくれるかと思っていたらしいのですが、一切の協力がなかったため、裁判に負けてしまったとのこと。

共演NGの理由は、こうしたことが原因で、尚且つカイヤから謝罪のひとつもなかったことにデヴィ夫人は腹を立てていました。

そこで、今回の放送で2人は強制対面させられ、カイヤが涙の謝罪をするといいます。

はたして共演NGからきちんと和解するのでしょうか。

2人に注目が集まります。

Sponsored Link

デヴィ夫人ブログでカイヤを罵倒!

デヴィ夫人は2008年12月29日に更新したブログで「卑劣なカイヤ」とのタイトルでカイヤへの怒りをぶちまけています。

理由は、カイヤの「虚言」から始まったことで、カイヤはデヴィ夫人に夫・川崎麻世の浮気に苦しんでいることや、結婚生活が破綻していること、子どものために離婚は考えられないことなどを相談していたといいます。

また、タイに飯島愛、デヴィ夫人、カイヤの3人が台北ロケへ行った際には、水着を着ても海に入らないカイヤに問いただしたところ「麻世に腹部を強く蹴られて、目黒の病院に担ぎ込まれた。お腹が破裂していたので手術をしたばかりだから、海には入れない」と返され、体中の青あざを見せてもらったということのようです。

そうした事情を知ったデヴィ夫人は、カイヤや子どもたちのことを心配するようになり、川崎麻世の不倫疑惑が報じられた際には、デヴィ夫人はマスコミに対して「川崎麻世は黒だと思います」と言ってしまったそうです。

ですが、川崎麻世と雑誌で対談したときには、カイヤがデヴィ夫人に話した内容を「真っ向から否定」したことに、「私は一体どちらを信じたらよいのか、気が狂いそうでした」と振り返っています。

そして、デヴィ夫人はカイヤの「虚言」を信じたが故に、川崎麻世の浮気相手から名誉毀損で訴えられてしまったのです。

ブログにもカイヤに対し、「卑劣で奸計、誇大妄想、虚言壁、スレっからしの女」「イリノイ州でブタと暮らしていたあなた、またイリノイの田舎へ戻られたらいかがですか?」と誹謗中傷し、絶縁状を叩きつけたのでした。

Sponsored Link

デヴィ夫人 カイヤと共演NGの理由は名誉毀損で岩本あゆみから告訴されたから

デヴィ夫人はブログで、「私はあなたを実に卑劣でスレた最低な人間だと思います。その最低な人間を、一度は真剣に守ってあげようとした 私が非常に滑稽です。」とカイヤを非難した上で、自分はおろかだったとしています。

カイヤは川崎麻世の浮気を疑い、デヴィ夫人に散々嘆いていたそうです。

デヴィ夫人のブログではその浮気相手を「ミスA」としていますが、後にミスAは舞台女優の「岩本あゆみ」だったことが判明。

すっかりカイヤを信じ込んだデヴィ夫人は記者達に囲まれ、「川崎麻世とAの関係をどう思いますか?黒ですか?白ですか?」と二者択一を迫られマイクを向けられるのですが、その際、「黒だと思います。」と言ってしまったのです。

その時、「グレー」と返答すれば良かったものの、 カイヤを信じているばかりに、「川崎麻世に言いきかせる発言をしてしまった」と、デヴィ夫人は後悔したそうです。

その後、名誉毀損で岩本あゆみから告訴され、同時に、カイヤを信じていた梨元勝氏までもが告訴されたのです。

デヴィ夫人は当然カイヤが証人になってくれるか少なくとも、陳述書を書いてくれると思っていたらしいのですが、カイヤから一切の協力はなく、川崎麻世も無言を決め込んでいたといいます。

裁判では、不倫は無かったとしてデヴィ夫人と梨元氏は敗訴。

結果、弁護士費用、岩本あゆみに支払う何百万という慰謝料を支払うことになったということです。

デヴィ夫人がカイヤと共演NGな理由は、名誉毀損で多大な迷惑をかけたのに、 未だにひとことの謝罪もないことにあったようです。

Sponsored Link