村山聖 死因の膀胱がんは余命6ヵ月だった!松山ケンイチが映画 聖の青春を演じる!

村山聖 画像

過去に羽生善治と互角に渡り合い、29歳で急逝した魂の棋士・村山聖氏の特集が、8月13日放送のフジテレビ「土曜プレミアム」【栄光なき天才たち~名も無きヒーローに学ぶ幸せの見つけ方~】で放送されます。

当時、無敵の王者と称された羽生善治と互角の勝負を繰り広げた天才・村山聖氏は、将棋の世界で戦うとともにある運命とも闘っていました。

村山氏の運命とは、幼いころからのネフローゼ症候群と「進行性膀胱がん」を発症し、手術をしなければ「余命6ヵ月」と宣告されていたことです。

一時は手術で腎臓と膀胱を摘出したのですが、「がん」は再発してしまいました。

村山氏の死因は「がん」が再発し、転移していたことです。

「がん」の再発が見つかったとき1年間の休戦と、療養に専念する旨を発表したのですが、その5ヶ月後に29歳で永眠してしまいました。

わずか29年という短い生涯を送ることとなった村山聖氏。

病と闘いながら全力で駆け抜けた29年の生涯を実話にした映画「聖の青春」が今年の秋に公開されます。

今回は、天才・羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖氏について迫って行こうと思います。

Sponsored Link

村山聖 死因の膀胱がんは余命6か月だった!

村山聖氏は5歳の時、医師に「ネフローゼ症候群」にかかっていると告げられました。

この当時、ネフローゼ症候群の治療法は、安静にすることが一般的でしたが、村山氏は病院と療養所の入退院を繰り返していたといいます。

ネフローゼは尿と共にタンパク質も排出されてしまい、それに伴い、体のむくみが生じてしまう病気です。

むくみのあるうちは塩分を控えるなど食事制限が必要となるので、村山氏は幼少時から好きなものを食べることも出来なかったそうです。

将棋はこのときの入院で覚えたといい、将棋の魅力にひかれた村山氏は13歳のとき、単身大阪へ向かい、プロ棋士の森信雄の内弟子となりました。

異例の早さでプロ棋士となった村山氏。

その後にはトップ10人が在籍するA級八段に昇級するのですが、ネフローゼ症候群を患う村山氏にとって、対局で体にかかる負担は大きく、対局が終わると決まって高熱を出すようになっていたといいます。

1997年の春、そんな村山氏に突然悲劇が襲います。

それは「進行性膀胱がん」が見つかったというものでした。

手術をしなければ余命6ヵ月という宣告に、村山氏は手術を拒否。

幸せな結婚をして子どもを作るという夢を持っていた村山氏にとって、膀胱を取り性機能もなくなるのは耐えられなかったのです。

しかし、医師が説得し手術を受けることに。

手術は片方の腎臓と膀胱を摘出するという8時間半の大手術でしたが、その後1ヶ月で復帰して対局をしているのです。

翌年春、死因となった「がん」の再発・転移が発見された村山氏。

その後、1年間の休戦と、療養に専念する旨を発表したのですが、休戦するまえには宿敵・羽生善治との最後の戦いが残っていました。

歴史あるNHK杯の決勝でライバル羽生善治と対戦した村山氏は、惜しくも敗退。

通算6勝7敗、これがライバル羽生との最後の対局となったのです。

村山氏の葬儀は本人の希望により家族のみで行い、葬儀終了後、その死が将棋界に伝えられ、大きな衝撃を与えることになります。

日本将棋連盟はその功績を讃えて、逝去翌日の8月9日付けで九段を追贈したのでした。

Sponsored Link

村山聖の映画 聖の青春は松山ケンイチが本人を演じる

村山聖氏の生涯を描いた「聖の青春」が2000年に出版され、今年の秋には映画化されることになりました。

主人公・村山聖氏を演じるのは、俳優・松山ケンイチで、映画「聖の青春」では、役作りのため、数時間おきに食事をしていたことも明かしています。

一方、村山氏の最大のライバルである羽生善治を演じるのは、東出昌大。

今なお棋界の頂点で活躍する実在の人物という難しい役どころを、徹底した役づくりで見事に演じます。

両者による緊迫感&臨場感溢れる対局シーンは本作の最大の見どころ。

松山は、死因となった「進行性膀胱がん」を発症するシーンや「余命6ヵ月」と宣告されたシーン。

抗がん剤・放射線治療が脳に悪影響があるので将棋に支障が出ては困るという理由で拒否したところなど、かつてない驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から主人公を熱演します。

Sponsored Link