炎の体育会TVの馬術 華原朋美と菅井友香の成績は?

炎の体育会TV 馬術 華原朋美 画像

1月14日の「炎の体育会TV」では、歌手の華原朋美(42)とアイドルグループ欅坂46所属の菅井友香(21)が馬術で国際大会出場を目指す模様が放送されます。

現在は「歌よりも馬術」と語る華原に番組が密着。

昨年の休養についての真相も告白するようです。

また、昨年の紅白初出場を果たしたお嬢様アイドル・菅井友香も馬術大会に参戦。

馬術歴10年という菅井が新入部員となり、華原と共に国際大会出場を目指すとか。

華原は高校時代に国体4位だった実力を持っています。

一方、菅井は馬術歴10年のキャリアがあるものの、障害飛越初挑戦の影響なのか、練習でまさかの落馬。

はたして、大会本番では上手く走行できたのでしょうか、ネタバレになるのですが、ここでは2人の成績などを掲載しておきます。

Sponsored Link

炎の体育会TVの馬術 華原朋美と菅井友香の成績

2016年10月15日、静岡県つま恋乗馬倶楽部にて開催された馬術「ジャパンオープン大会」に歌手の華原朋美とアイドルグループ欅坂46所属の菅井友香が出場しました。

先に成績をネタバレすると、華原朋美は見事優勝し、国際大会出場を決めました。

一方、欅坂46・菅井友香は7位という成績の為、残念ながら国際大会に出場することはできません。

ジャパンオープン大会:華原朋美(1位)

・馬匹名 – キャリーズサン

・所属 – 北総乗馬クラブ

・得点 – 1220

・所要タイム – 64.95

炎の体育会TV 馬術 菅井友香 画像

ジャパンオープン大会:菅井友香(7位)

・馬匹名 – テレキシオ

・所属 – 北総乗馬クラブ

・得点 – 1080

・所要タイム – 65.31

馬術で国際大会出場が決定した華原は、高校時代国体4位だった実力を持ちます。

今回の馬術企画で23年ぶりに競技を再開し、「炎の体育会TV」史上初の快挙を達成させたのでした。

華原は昨年10月15日に行われた馬術「ジャパンオープン大会」の障害飛越に、愛馬キャリーズサン(牝16)と出場。

国体優勝者や全日本チャンピオンに引けを取らない息の合ったジャンプで障害を次々とクリアし、みごと優勝を成し遂げたのです。

3歳から馬術を始めたという華原は、昨年「体育会TV」の企画で23年ぶりに競技再開。

さっそく出場した同5月のJRAホースショーで12位の結果を出したのです。

本大会には多いときで週5回のハードトレーニングを積んで臨み、同番組は馬術再開から同大会に挑む姿に密着。

「私は歌よりも馬術で生きていきます」と気合をあらわにするなど、本気で馬術に挑む姿勢が収められているようです。

現在も歌手活動の合間を縫って練習に励んでいるらしく、「命をかけて頑張ります」と意気込んでいるとか。

なので、2020年の東京五輪出場も、けっして夢ではなくなってきているみたいです。

一方、「ジャパンオープン大会」で7位の成績だった欅坂46の菅井友香は、小学5年から馬術を始めたといいます。

今回は、約2年ぶりの馬術大会ということもあり、本人はかなり緊張していたようです。

しかも練習で落馬するなど障害飛越が初挑戦だったらしいのですが、堂々の7位入賞。

欅坂メンバーも応援に駆けつけていたようで、初挑戦ながら立派な成績だったように思います。

Sponsored Link

華原朋美 休養の真相

去年休養した華原朋美が「炎の体育会TV」にて真相を激白したようです。

華原朋美は大会後の10月下旬に体調を崩し、急性ストレス反応のため約1カ月休養。

交際中の新恋人とのトラブルに加え、同大会のプレッシャーも要因の一つだったようで、番組では休養の真相について語る場面や、収録中に号泣してスタッフを慌てさせるシーンもあるといいます。

華原は10月31日放送の日テレ系情報番組「PON!」を欠席。

体調不良を訴えていましたが、入院せず、付き添いをつけて休養していたとか。

当時の報道では、7歳年下の医療関係実業家の彼氏とうまくいってないのが原因だと言われていました。

しかも再び睡眠薬を過剰に摂取する寸前だったとまで報道されていたのです。

そんな異常事態にマスコミは、過去の薬物依存による長期休養時、所属事務所は具体的な説明をしなかったことを掘り返しています。

今回もさまざまな臆測を懸念する声もありましたが、華原は「炎の体育会TV」内のインタビューで、馬術大会のプレッシャーも体調不良の要因の一つだったことを告白したようです。

Sponsored Link