市川海老蔵の娘と息子の小学校 幼稚園はどこ?受験結果は合格?

市川海老蔵 娘 息子 画像
       

歌舞伎俳優・市川海老蔵(41)一家に密着するドキュメンタリー番組「市川海老蔵にござりまする」が、2019年1月14日(月)に放送されます。

毎年1月に放送される「市川海老蔵にござりまする」は今年で6回目。

今回は父親の海老蔵、娘の麗禾ちゃん(れいか・7歳)、息子の勸玄くん(かんげん・5歳)の稽古場にテレビカメラが初潜入するのと、母親である故・小林麻央さんとの別れから、これまでの道のりを振り返ります。

なお、乳がんで闘病中だった小林麻央さんは、2017年6月22日、34歳の若さでこの世を去りました。

あれから1年半が過ぎ、小さかった娘の麗禾ちゃんは現在小学校1年生、息子の勸玄くんは4月から小学校へ入学します。

そこで今回は、娘の麗禾ちゃんが通っている小学校がどこなのか、また、息子の勸玄くんが通っていた幼稚園、小学校の受験結果などについて、調査してみました。

Sponsored Link
   

市川海老蔵の娘の幼稚園と小学校はどこ?

市川海老蔵の子供で、長女の麗禾ちゃんは、これまで基本的に顔を隠されてきました。

と言っても、顔が隠されてきたのは、海老蔵がブログで家族の写真を公開するときくらいで、テレビに出演する際はバッチリ顔は映し出されています。

なぜ、長男の勸玄くんの顔はどこでもそのままなのに、娘の麗禾ちゃんだけがブログで顔を隠されてきたのか。

その疑問に父親の海老蔵は、以下のように語っています。

「麗禾は女の子ですから色々考えて、ハートで隠してます」。

その理由は「勸玄は歌舞伎俳優になるという事の中で公にいつかなるかもしれませんのでオープンに」

「麗禾は彼女に選択肢があるので私の都合で顔を出すのはどうかなと…」

と、麗禾ちゃんの将来を考えての判断だったようです。

その麗禾ちゃんは将来、歌舞伎俳優になるのかはまだ分かりませんが、勸玄くんは長男なのでおそらく、父親の「成田屋」のあとを継ぐことになるでしょう。

そのつもりで両親も、息子の勸玄くんを1歳半からセレブ託児所に預けていました。

ちなみに、勸玄くんが預けられていた託児所は、東京都豊島区南池袋にある「伸芽’Sクラブ」だったとされています。

「伸芽’Sクラブ」は、英才教育をしてくれる施設で、お受験に特化していることでも知られています。

基本料金は週5回で月額約24万円。

1日10時間ほど預けた場合の授業料は年間200万円ほどかかるのだそうです。

そんな息子の勸玄くんを英才教育するのは、生前の小林麻央さんたっての願いだったそうですが、娘の麗禾ちゃんは役者になるか分からないので、通わせていませんでした。

なので幼稚園から通うことになるのですが、いったいどこの幼稚園に通っていたのでしょうか。

そこで、調べてみると、娘の麗禾ちゃんは世田谷区代沢にある「淡島幼稚園」に通っていたとのこと。

当時は、現在通っている小学校「青山学院初等部」系列の「青山学院幼稚園」にも合格していたらしいのですが、母親の麻央さんががんの闘病中ということもあり、結局、淡島幼稚園へ通ったということです。

Sponsored Link

市川海老蔵の息子の小学校 幼稚園はどこ?受験結果は?

娘の麗禾ちゃんが「青山学院初等部」の受験に合格し、現在通っているというのは、父親の海老蔵が幼稚園から高校の途中まで過ごした学校との報道で判明しました。

青山学院は、歌舞伎役者の子供が多く通うことで知られていて、海老蔵も通っていましたが、私立の名門小学校に子供を入学させることは麻央さんからのたっての願いもあるのだとか。

なので、息子の勸玄くんにも「青山学院初等部」を受験させたそうです。

勸玄くんは、役者として親離れができるようにと、「伸芽’Sクラブ」に預けられ、その後は姉の麗禾ちゃんと同じ「淡島幼稚園」へ入園。

そこから小学校の受験をして、今年の4月から麗禾ちゃんといっしょの「青山学院初等部」に通うそうです。

受験結果が合格だったため、勸玄くんは「青山学院初等部」通うらしいのですが、ここは海老蔵の父親の故・市川團十郎さんも通っていました。

青山学院といえば、歌舞伎役者の子供以外に芸能人の子供も多く通っています。

勸玄くんが青山学院を受験するのは、必然的なことだったのでしょうね。

市川海老蔵にござりまする 2017の内容

2018年1月8日に放送された「市川海老蔵にござりまする」の平均視聴率10.6%に対して、2017年の1月9日に放送された第4弾の視聴率は17.1%でした。

2017年の視聴率が高かったのは、闘病中だった小林麻央さんが乳がん公表後、初のテレビ出演ということが理由です。

その分、昨年の視聴率はというと、一気に下がってしまいました。

そこで、視聴率が良かった2017年の内容を振り返ってみたいと思います。

2017年1月9日に放送された「市川海老蔵にござりまする」は、市川海老蔵一家の絆と夫婦の愛に密着したものでした。

放送内容は、「緊迫、妻・小林麻央のがん公表会見の舞台裏」、「母の不在2人の子は」、「家族を守る!男の決意」、「妻を重ね演じる魂の勧進帳」、「舞台は世界へ!中東&NY海外公演」、「密着ドキュメンタリー第4弾」の6本立て。

さらには、乳がん闘病中の妻・小林麻央さんが入院中の病室で受けたインタビューが放送されました。

当時、麻央さんがテレビカメラの前で語ったのは、夫の海老蔵が、がんを公表してから初めてのことで、2016年1月3日放送の第3弾に、息子の勸玄くんらと出演して以来。

インタビューは入院中の病室で行われ、麻央さんは黒いショートヘアのウィッグ姿で自身の闘病を支える海老蔵への感謝や思い、心の支えになった海老蔵の言葉、妻から見た役者・市川海老蔵の素顔、夫婦の絆が強まったと感じた瞬間などを語ったのでした。

はたして、2019年の視聴率はどのくらい記録するのでしょうか。

ちなみに、2016年1月3日に放送された第3弾は視聴率9.2%、2015年1月3日に放送された第2弾は視聴率8.0%、2014年1月3日に放送された第1弾は視聴率11.7%だったようです。

Sponsored Link