がっぱ先生のキャストに俳優の坂口健太郎が出演!あらすじとロケ地は?

ドラマ がっぱ先生 画像

特別ドラマ企画「がっぱ先生!」が金曜ロードSHOW!で放送されました。

ドラマ「がっぱ先生!」の原作は滝田よしひろ氏の「みんなで跳んだ」で、主演は女優の二階堂ふみ(24)。

二階堂ふみは映画での主演経験はあるものの、ドラマは初主演で、教師役も初挑戦でした。

また、タイトルの「がっぱ」とは、石川県のなまりで「一生懸命」「頑張れ」を表す言葉だそうです。

あらすじは石川県出身の新米教師・村本愛子が、都会の子どもたちやその親たちなどと向き合いながら、持ち前の明るさと頑張りで奮闘していきます。

そして、ドラマ「がっぱ先生!」は原作の「みんなで跳んだ」と違って、ストーリーの舞台が中学校から小学校に設定を変更。

千葉県がメインのロケ地となっていて、運動会のシーンは木更津市立木更津第二小学校の校庭で撮影が行われたようです。

今回は、二階堂ふみ主演のドラマ「がっぱ先生!」のあらすじや、俳優の坂口健太郎ら他キャストについて、迫ってみようと思います。

Sponsored Link

がっぱ先生のあらすじ ネタバレ 結末

ドラマ「がっぱ先生!」は、原作の「みんなで跳んだ」のエピソードを原案にして、アレンジを加えたドラマ企画。

舞台となる城北中学校が青羽根小学校に、縄跳びを飛べない生徒の矢部が克夫などに変更されています。

ドラマのあらすじはネタバレになりますが、青羽根小学校の新米先生、村本愛子24歳(二階堂ふみ)は石川県出身。

初めて担任することになった5年2組の児童たちへの最初の挨拶で、「一生懸命」を出身地の石川なまりの「がっぱ」と、言い間違えて以来、「がっぱ先生」と呼ばれます。

2学期になり、青羽根小学校の運動会が近付く中、5年生が参加する競技はクラス対抗の大縄跳びに決定。

5年2組も運動会のクラス対抗大縄跳びに向けて、練習を始めるのでした。

担任としての力量を認めてもらいたい愛子も優勝を目指す中、幼なじみの隆二(坂口健太郎)が愛子のアパートにやってきます。

会社を辞めて、同棲していた彼女とも別れて行くところがないから泊めてほしいと頼まれ、愛子は困惑。

こんなことがバレたら、また学校に何を言われるか分からない。

そう思った愛子は、一晩だけという約束で隆二を泊めますが、成り行きで隆二はそのまま居座わることに。

一方、5年2組は、運動会の大縄跳びに向けて練習を続けていましたが、一人だけ失敗してしまう児童の克夫の存在がありました。

愛子は、克夫を個人特訓することに。

それを知った五十嵐教頭(近藤芳正)は、愛子を叱責。

五十嵐から、克夫が小学校入学前に事故に遭い、母親を亡くした上に右足にケガを負った過去を知らされます。

愛子は、克夫の家へ謝罪に行き、克夫の父・仙太郎(阿部サダヲ)に、大縄跳びをやるのなら、克夫を傷付けない特別な措置を考えてほしいと要求されます。

愛子は、克夫の問題を職員会議で相談。

その結果、克夫に縄跳びをさせず、応援係という形で参加させることでまとまったのですが、運動会の日が近づくにつれ、本当は全員で跳ぶべきなのではないか? と悩むのでした。

本番まで残り1日。

愛子と、5年2組の児童たちが出した答えとは…?

原作の結末は練習で一度も跳べなかった矢部ちゃんが、奇跡を起こしてみんなと一緒に跳んでいたので、本作でも克夫は縄跳びに参加して飛ぶことになりました。

Sponsored Link

がっぱ先生のロケ地は?

小学校の校庭は千葉県木更津市立木更津第二小学校がロケ地となり、ここで運動会を行うシーンが撮影されました。

また、学校ではエキストラ募集のチラシを配るなどしていたそうです。

その他に千葉県の勝浦市の海沿いにある旅館「海なりの宿 花あさぎ」で、岸本加世子らが漁船のシーンの撮影をしています。

ロケ地は千葉以外にも、埼玉で撮影が行われていたようで、埼玉県戸田市の戸田公園駅付近で二階堂ふみが「がっぱ先生!」のロケを行っていたそうです。

がっぱ先生のキャストに登場俳優の坂口健太郎

ドラマ「がっぱ先生!」の主演は村本愛子役の二階堂ふみ、愛子の幼なじみでフリーターの佐伯隆二役を、俳優の坂口健太郎が演じました。

さらに俳優のキャストには、愛子の兄・誠役に大野拓朗、愛子が担任する5年2組の児童・克夫の父・仙太郎役を阿部サダヲが担当。

女優では、愛子の母親・乃理子役を岸本加世子ら幅広い年代のキャストが、脇を固めました。

その他のキャストに山咲千春役の田畑智子、教頭の五十嵐幸三役に近藤芳正が出演しています。

Sponsored Link