矢口真里と美川憲一に確執?離婚後の復帰会見でアドバイスを受けていた!?

矢口真里 画像

8月29日放送の「7時にあいましょう」は【芸能界禁断のご対面!女のイザコザ完全決着!】と題して、美川憲一が着信拒否し、確執ができた元アイドルYと対立。

このコーナーは、ある出来事をきっかけに気まずい関係になった者同士が対面して決着をつけます。

美川憲一が着信拒否し、確執ができた元アイドルYとは一体誰なのでしょうか?

ヒントとして、元アイドルYは離婚騒動で引きこもり状態に。

それを心配し、何度も連絡をした美川憲一でしたが、相手からの反応は着信拒否だったとか。

これに当てはまるのは矢口真里です。

矢口真里といえば、離婚後、体調不良を理由に、担当していた番組をすべてキャンセルし、行方が分からなくなっていました。

ですが、美川憲一には連絡を取っていたことがわかっています。

矢口真里は美川憲一から謝罪(復帰)会見のアドバイスを受けていたようだし、自宅で引きこもって「ゲーム三昧」との報道もありました。

いろいろと心配してくれた美川憲一を、矢口真里はほんとうに裏切ったのでしょうか?

真相は番組で明らかになります。

Sponsored Link

矢口真里と美川憲一に確執

美川憲一を着信拒否して、確執が生じた元アイドルYが矢口真里なら、矢口は裏切ったも同然の行為をしていることになります。

矢口真里は梅田賢三との不倫報道が出る数日前、不倫相手の梅田を連れて、名古屋の中日劇場で公演中の美川の元を訪れていたといいます。

その際矢口は、夫の中村昌也と「離婚したいんですけど、どうしたらいいですか」と相談したそうです。

矢口いわく、梅田賢三と浮気するつもりではなく「本気」だったようで、中村とはどうやら収入格差があり、飲みに行っても矢口が支払ったりすることが不満だった、などと打ち明けたとか。

また、不倫報道後に離婚騒動で芸能活動を休止していた矢口に、美川が電話していたようです。

不倫報道後、矢口は体調不良を理由に、番組を降板。

行方が分からなくなり、モー娘。元メンバーの保田圭ですら、連絡が取れない状態でした。

それを心配した美川が、はるな愛と食事をしていた時に、はるなに電話をかけてもらい、直接、矢口と話したといいます。

そんな美川から恩義を受けたにも関わらず、美川からの着信を拒否したのなら、裏切り行為として、確執ができるのもムリはありません。

Sponsored Link

矢口真里 離婚後に美川憲一から謝罪(復帰)会見のアドバイスを受ける

美川憲一は離婚後の矢口真里に対して、「あなたね、ちゃんと終わらせないと、けじめをつけないと先には進めないわよ、と。ちゃんと覚悟して謝罪会見しないと。本心をさらけ出してね、と。そうすればまた手をさしのべる人もいるわよ」とアドバイスすると、矢口は電話口の向こうで泣いていたそうです。

また、会見するリスクに不安を隠せない様子だったといい、復帰するのなら「すんじゃったことだし、どこかで記者会見していかないと、先に進まないわよ」と訴えたそうです。

矢口真里からも美川憲一に電話していたこともあったようですが、「着信拒否」していたというのは、休養中ではなく、復帰してからの話なのかもしれません。

今回の番組「7時にあいましょう」の予告で、美川が「普通なら消えてるわよ!」と言っているのは、離婚後のアドバイスをしたにも関わらず、着信拒否した矢口の身勝手な行動に対して怒っているようでした。

Sponsored Link