愛を乞うひと(ドラマ 2017)のネタバレ 原作は小説で娘役に鈴木梨央!

愛を乞うひと ドラマ 2017 画像

2017年1月11日に放送された「愛を乞うひと」は、下田治美原作の同名小説をドラマ化し、篠原涼子が一人二役を演じて話題になりました。

ドラマ「愛を乞うひと」は、1998年に平山秀幸が監督を務め、原田美枝子が主演で映画化。

今回のドラマ版は、当時映画の助監督を務めていた谷口正晃が監督を務め、リメイクしたものになります。

また、本作は母親から折檻を受け続けたヒロインが、「家族の絆」を訴える作品となっています。

幼少期の娘役を演じたのがNHK連続テレビ小説・『あさが来た』で、白岡あさの幼少期役を演じた鈴木梨央(11歳)。

そこで今回は、下田治美の小説が原作となったドラマ「愛を乞うひと」のあらすじをネタバレするのと、キャストなどについてまとめてみました。

Sponsored Link

愛を乞うひと(ドラマ 2017)のあらすじ ネタバレ

ドラマ「愛を乞うひと」2017の原作は、下田治美の同名小説で、1998年に公開された原田美枝子主演の同名映画のリメーク版となります。

幼少期に母親から虐待を受けたヒロインが、数十年の年月を経てその過去と向き合う姿を描いています。

物語のあらすじを少しネタバレすると、照恵(篠原涼子)は夫を亡くし、娘の深草(広瀬アリス)と2人で暮らしてきました。

ある日、照恵の生き別れた義弟の武則(ムロツヨシ)が逮捕されます。

彼との面会を機に照恵は”母からの虐待”を思い出し、深草に全てを語り始めるのでした。

照恵は台湾人の父、文英(上川隆也)によって、母の豊子(篠原=2役)から引き離されます。

父の死後、児童養護施設に預けられた照恵は母に引き取られ、新しい父の中島(寺島進)と彼の息子の武則と出会うのでした。

やがて中島と別れ、3番目の父、和知(豊原功補)のもとに行きますが、母のせっかんは日々ひどくなっていきます。
照恵は深草の勧めで、亡くなった父を弔い、遺骨を捜す旅に出るのでした。

深草と旅を続ける中、照恵は知らなかった母の真実と向き合うことになります。

以上が少しネタバレになったのですが、主演の篠原涼子は、娘を虐待する母親と、30数年後の娘の1人2人役に挑戦しています。

しかも、今回は7年半ぶりにスペシャルドラマ出演となりました。

一方、原田美枝子が主演で作られた映画版は、その年の映画賞を席巻するほどの評価を受け、紛れもなく90年代を代表する最高の日本映画となりました。

ドラマ版では原田美枝子の代わりに篠原が主演を務めますが、「この作品を10年前に拝見して、その時にすごく興味を持っていて、いつかやりたいと夢に抱いていたのが、今、挑戦することになって、とてもいい経験をさせていただいています」とコメントを残しています。

リメイクされると言われれば、多少不安を抱いてしまうこともありますが、心配はいらなさそうです。

Sponsored Link

愛を乞うひと(ドラマ 2017)は原作が小説で娘役を鈴木梨央が演じる

下田治美の小説「愛を乞うひと」は、原作を元に漫画化や映画化、そしてドラマ化と、あらゆる分野で用いられてきました。

1998年には、原田美枝子が主演で映画版が制作され、モントリオール世界映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したほか、日本アカデミー賞では作品賞をはじめ8部門を受賞しました。

今回、リメイクされたドラマ 2017版は映画版と比べ、あらすじ自体にさほど変更はありませんが、キャストに一部変更がみられます。(ドラマ版は映画版の登場人物より少ない)

ドラマ「愛を乞うひと」2017のキャスト

■山岡 照恵/陳 豊子 – 篠原涼子

■山岡 深草 – 広瀬アリス

■陳 照恵 – 鈴木梨央

■許 育徳 – 杉本哲太

■和知 武則 – ムロツヨシ

■山岡 裕司 – 平山浩行

■中島 武人 – 寺島進(友情出演)

■和知 三郎 – 豊原功補

■許 はつ – 木村多江

■陳 文英 – 上川隆也

ドラマ版は劇中で台湾を訪れることから、夏頃に台湾ロケを敢行しました。

娘役の広瀬アリスについて篠原涼子は、「彼女自身もサバサバしたタイプ。私もそうなので、話していてすごく楽しかったです。歳も離れているのに、ちゃんと私に合わせてくれるところとか、大人な感じも持っています」と印象を明かしています。

篠原涼子は、娘を虐待する母親と、30数年後の娘の1人2役に挑戦していますが、篠原が演じる照恵の幼少期を演じた、人気子役の鈴木梨央とのシーンについては、「彼女もプロフェッショナルなので、(虐待のシーンでは)下手に優しくすると、彼女自身の気持ちがなよってしてしまうんじゃないかと思って、あえて優しくはしなかったです。」と明かしました。

鈴木梨央といえば、auのCM・おとくちゃん役でお馴染みの子役で、日本史上最年少の主演女優としてカンヌデビューを果たしています。

鈴木梨央は「憧れの篠原さんと共演できて良かった」と話していましたが、篠原は鈴木に「撮影ではあんなにひどいことをしたのに。無理やり言ってない?大丈夫?」と語りかけていました。

Sponsored Link