ブル中野がかわいい?旦那と結婚して激やせしたダイエット方法とは?

ブル中野 画像

元悪役女子レスラーのブル中野(48)が「現役引退して人生に絶望しちゃった先生」として、11月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に登場します。

今でこそ激やせしてかわいくなったブル中野ですが、かつては全日本女子プロレスで、ダンプ松本率いる悪役レスラー集団「極悪同盟」の一員として活躍していました。

しかし、ケガのために現役を引退。

その事実を受け入れることができず、プロレス仲間と絶縁し、13年間失踪していたことを告白します。

ブル中野は2010年2月、旦那である青木大輔氏と結婚。

その後、小料理店「中野のぶるちゃん」を開店し、2011年2月25日にガールズ婆バー「中野のブルちゃん」も開店させました。

番組では、29歳で引退後、生きがいを失ってからのどん底時代をうちあけるということですが、現在は経営者として、又はタレントとして人生を謳歌しているといいます。

Sponsored Link

ブル中野がかわいい?旦那と結婚も!

ブル中野の登場に生徒たちは、現役時代とはまるで違う激やせした姿にビックリしたようです。

それもそのはず、引退後、ブル中野は110キロあった体重を60キロまでにダイエットし、2010年2月、キックボクサーでムエタイ選手の青木大輔氏と結婚していたのです。

中野は旦那と交際中に自分がブル中野とはなかなか言えなかったらしく、青木氏もやせてかわいくなっていたため「まさかあのブル中野だったとは全く思わなかった。」と、まで語っています。

旦那との馴れ初めですが、ブル中野は引退後に第二の人生としてプロゴルファーを目指して単身渡米するも、アメリカ同時多発テロ事件の影響から日米間の行き来が困難になり、プロテストにも通らなかったために断念して帰国。

ダイエットしてプロゴルファーを目指したブル中野でしたが、帰国後、体重をキープするため、青木氏が所属するジムにトレーニングしに訪れたことがきっかけで出会い、結婚したそうです。

現在、旦那はキックボクシングを引退して小料理店「中野のぶるちゃん」で働く傍ら、愛する嫁の膝の故障を治すためサポートをしているといいます。

そもそもブル中野は善役志望で、歌って踊れるアイドルレスラーを目指していましたが、16歳の終わりごろ、ダンプ松本に「悪役にならないか?」と誘われたのだとか。

本当は嫌で仕方なかったが、先輩の言うことは絶対なので断れなかったといいます。

そうして誕生したのが、ダンプ松本と組んでの「極悪同盟」でした。

ブル中野 極悪同盟時代 画像

現在は当時とは別人のようなかわいい女性となっていたのです。

Sponsored Link

ブル中野が激やせしたダイエット方法

これまでブル中野は、ダイエットしてやせてはリバウンドを繰り返してきたそうです。

そのため最終的に行った手段は、胃の切除手術でした。

おかげで現在の体重は60キロのスタイルをキープしているとか。

中野が失敗したダイエットは糖質抜きダイエットや一つのものを食べ続けるダイエットなどがあったそうですが、中には効果のあったダイエット法もあったといいます。

まず効果のあったダイエットは、食べ順ダイエットだそうです。

結論としては肉から食べるのがよいといいます。

本来、野菜から食べることを推奨されていますが、野菜は糖質が含まれているため、インスリンが出るので脂肪を吸収して逆に太ってしまうそうです。

食事は糖質の低いものから順に食べるとよいらしく、肉を最初に食べることで、たんぱく質をすぐに作ることができ、結果、筋肉が優先的に作られるとも明かしている。

ほかにも青を取り入れた「青色ダイエット」も効果があったらしく、実践した結果、食欲がなくなり、あまり食べたいという気持ちが抑えられたといいます。

今でもネイルを青色にしてみたり、テーブルクロスに青を取り入れるなどの工夫を行っているそうです。

また、水素水を飲むなどもおすすめということでした。

Sponsored Link