伊調馨が吉田沙保里の階級で対戦した結果と母親の死因は?

伊調馨 吉田沙保里 画像

リオ五輪は、レスリング女子フリースタイル58キロ級の伊調馨選手(32)が決勝でワレリア・コブロワゾロボワ選手(ロシア)を下し、五輪4連覇を達成しました。

苦しんだ末の勝利に伊調選手は、「最後はお母さんが助けてくれたと思います」と、2014年、不慮の事故で亡くした母親・トシさんを思って涙を浮かべていたのが印象的です。

伊調選手の母親は2014年11月28日、青森・八戸市内の自宅で倒れて頭を打ち、病院に搬送されましたが、すでに手術が出来ない状態だったといいます。

トシさんの死因は「脳挫傷」。65歳で急逝したのです。

試合終了後、伊調選手は観客席で応援していた家族のもとへ。

父親の春行さんは妻のトシさんの遺影を持って声援を送り「4連覇、やっちゃったよ。どうしましょ、本当に。(伊調は)一番良かった。感動しました」と「史上最強の娘」を褒めたたえました。

レスリングでは吉田沙保里選手とともに人類最強の女として名を馳せている伊調選手ですが、2人が対戦した場合、どちらが強いのか?と、疑問に思うことがあります。

ということで、今回は2人が同じ階級だった時の対戦成績と、今年1月にヤリギン国際大会で敗れ、連勝が止まった理由について迫ってみようと思います。

Sponsored Link

伊調馨が吉田沙保里と同じ階級で対戦した結果

2012年ロンドン・オリンピックの後、ルール改正や階級区分変更が行われ、63キロ級だった伊調馨選手は58キロ級に。

55キロ級の吉田沙保里選手は53キロ級に変更しました。

したがって、階級が違う2人は対戦すること自体ありませんが、過去に同じ階級で対戦したことがあったのです。

伊調選手と吉田選手の対戦は2000年「全日本女子選手権56キロ級」の決勝トーナメント1回戦と、2001年同選手権3位決定戦の2試合のみ。

結果、いずれも吉田選手が勝利しています。

かなり昔の対戦なので、現在のレベルと比較するのは難しいことですが、言えることとして、伊調選手は吉田選手にかなわないと思い、別の階級に変更しているようです。

五輪4連覇を成し遂げた伊調選手さえ、吉田選手にかなわなかったということは、「霊長類最強女子」を証明したことにもなったと思います。

Sponsored Link

伊調馨の連勝が止まった理由

今年1月の「ヤリギン国際大会」で伊調馨選手は、モンゴルの若手プレプドルジ選手にまさかのテクニカルフォール負けを屈し、2003年3月以来、13年ぶりの黒星で、連勝が189でストップしました。

この13年間、不戦敗を除けば世界で無敵でしたが、得意のタックルを研究され、カウンターで失点。

連勝が止まった理由として、伊調選手の試みた新しい戦術にあったようです。

4連覇を目指すリオ五輪に向けて、スタイルの変更に取り組んでいたのは、距離をとり、技に入る前の動きで相手を崩す高度な技術でした。

今大会では、相手をフェイントで動かしてから攻める高度な駆け引きを、男子と練習を重ねる中で気づいた戦術でしたが、肝心の勝負へのこだわりを忘れていたようです。

ただ、伊調選手のことですので、次ぐから同じ失敗を繰り返すことはしないと思います。

伊調馨の母親の死因

伊調馨選手のリオ五輪は、天国に捧げる金メダルと心に決めていたといいます。

(伊調馨の母親)
伊調馨 母親 画像

2014年11月28日、最愛の母・トシさんが青森・八戸市内の自宅で倒れて頭を打ち、65歳で急逝。

無情にも手術が出来ない状態だったそうです。

母親の死因は「脳挫傷」で、倒れて頭を強く打った際に発症したものでした。

「脳挫傷」になると死亡率は44%、社会復帰は31%と言われています。

伊調選手は予定していた練習をキャンセルして飛び乗った新幹線の中で、母親の悲報を聞いたそうです。

青森県の自宅へ戻るとトシさんの遺体に長い時間、寄り添い、3きょうだいの末っ子・伊調選手は、泣きっぱなしだったといいます。

母親・トシさんはレスリングは素人で、技術に口出しはいっさいしなかったらしいのですが、試合になると「絶対勝ってこい」と送り出していたそうです。

伊調選手は、高校から自宅を離れて県外に出ましたが、盆や正月に帰省すると、「料理に腕を振るってくれて、ひじき、切り干し大根、挽き昆布などを帰り際に持たせてくれた」と話しています。

Sponsored Link