琴奨菊が宗教で婚約破棄した真相がヤバい!?菊バウワーも儀式だった?

琴奨菊 嫁 石田祐未 画像

10年ぶりに待望の日本人力士優勝を果たした琴奨菊ですが、現在もちょっとした「琴奨菊フィーバー」が巻き起こっています。

琴奨菊は7月に結婚した石田祐未さん(28)と、今月30日に都内で挙式披露宴を行う予定だそうで、優勝に花を添えられてよかったのではないでしょうか。

琴奨菊といえば以前、石田さんの前に婚約していた女性がいましたが、突然、婚約破棄をした過去があります。

婚約破棄をした当時、琴奨菊は「2人の人生観のズレが生じて 話し合いの結果、婚約破棄する ことに決めた」と言っていたのですが、実際の真相として、琴奨菊が熱心に取り組んでいる宗教に原因があるのではないか?とネット上で噂されていたのです。

さらに、琴奨菊が取組前に行うルーティーン、通称「菊バウワー」が宗教で行う集中力の仕方なのでは?ということで現在、巷で話題に上っています。

今回は、琴奨菊が宗教で婚約破棄したという真相に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

琴奨菊が宗教で婚約破棄した真相

琴奨菊は2012年10月に佐賀県の会社員、福地真紀子さん(当時30)と婚約を発表していましたが、翌年の2月に突然、婚約破棄を発表しました。

婚約破棄の理由として、琴奨菊は「二人の人生観のズレ」という言葉で片づけていましたが、ネット上では、そうは見ていなかったようです。

実は琴奨菊が熱心に取り組んでいる宗教(創価学会)が婚約破棄の原因だったのではないか?とウワサになったのです。

実際のところ、宗教が原因で別れるカップルもいるといい、パートナーから入信を勧められたり、偏見を持っていたりなどの理由で破局することがあるとも言われています。

このような理由から、ネット上で琴奨菊が宗教で婚約破棄したのでは?ということになってしまっているようなのです。
しかし一方で、マスコミなんかは、琴奨菊が婚約破棄した理由を別のことに原因があると報じました。

マスコミいわく、婚約者の福地さんが大関の妻になることの大変さを感じ、段々と気持ちが後ずさりして行ったのではないか?と見ていたのです。

そもそも、力士の妻になるには相撲界のことをよく知っている師匠の娘さんとかがなるのがふさわしく、何も知らない一般の女性が妻になることは大変だといいます。

結局、そうしたことを話し合っているうちに、別れた方が良いとの結論に至ったのが、婚約破棄の真相だったのかもしれません。

Sponsored Link

琴奨菊の菊バウワーは儀式だった?

琴奨菊が取り組む前に行う、体をのけ反らす姿勢のルーティーンが「菊バウワー」という名前がついて話題になっていますが、「菊バウワー」は、宗教で集中するときに取り入れる儀式ではないかと話題になっています。

本来なら、宗教では正座をして集中力を高めるところ、土俵では正座ができないので、ああいった格好で集中力を養っているのでは?と言われているようです。

体をのけ反らす姿勢はエネルギーレベルを上げるのに体をのけ反り、丹田に全神経を集中させ、溜めた気を呼吸と一緒に吐き出すという方法だといいます。

琴奨菊が宗教信者とのウワサから、あのような姿勢で集中力を高めている可能性があるのかもしれません。
今回優勝したことでいろいろと話が盛り上がっていますが、琴奨菊には次の場所も優勝の期待がかかっています。

琴奨菊のプロフィール

琴奨菊和弘(ことしょうぎく かずひろ)

本名:菊次 一弘

所属部屋:佐渡ヶ嶽

生年月日:昭和59年1月30日

出身地:福岡県柳川市

身長:180.0cm

体重:178.0kg

得意技:左四つ・寄り

Sponsored Link