世界女子カーリング選手権2016 日本代表の愛称は何ジャパン?ランキングは?

LS北見 画像

カナダで開かれている「世界女子カーリング選手権2016」は、日本代表が準決勝でロシアを延長の末、7‐5で破り、初の決勝に進みました。

この結果、日本代表は銀メダル以上が確定。

日本代表チーム「LS北見」のメンバーが快挙を成し遂げたのでした。

ところで、日本代表には競技によって愛称がつけられているのですが、カーリング女子は「何ジャパン」と呼ばれているのでしょうか?

気になったので、今回は現在のランキングも含め、少し検証してみたいと思います。

Sponsored Link

世界女子カーリング選手権2016 日本代表の愛称は何ジャパン?

日本女子カーリングの愛称は一体、何て呼ばれているのかと、ふと思い調べてみました。

他のスポーツの日本代表に関しては以下のように呼ばれています。

有名な愛称

■ なでしこジャパン : サッカー女子

■ サムライブルー : サッカー男子
(ハリルジャパン)

■ サムライジャパン : 野球男子

※マイナーな愛称

■ マーメイドジャパン : シンクロ

■ さくらジャパン : ホッケー女子

■ エディジャパン : ラグビー
(ブレイブブロッサムズ)

そして、カーリング女子というとは「クリスタル・ジャパン」という愛称がつけられていることがわかりました。

これまでカーリング女子には、2006年のトリノオリンピックで「カーリング娘」、「カー娘」などと呼ばれていましたが、2009年に現在の愛称に変更されてたということです。

このネーミングは選手の努力が氷上で雪の結晶(クリスタル)のように美しく輝くという意味なんだそう。

しかし、「クリスタル・ジャパン」っていうのも何かしっくりこないし、もう少し他に良い名前はなかったのでしょうかね。

きっと明日になれば、この「クリスタル・ジャパン」という名前は思い出せないと思います。

Sponsored Link

世界女子カーリング選手権2016 日本の世界ランキングは?

現在、日本代表女子カーリングの世界ランキングは、9位です。

なので今回の「世界女子カーリング選手権2016」ではあまり期待されていなかったのか、大々的に報道されていませんでした。

しかし、決勝に進み、メダル確定となると皆がこぞって報じ始めるという始末です。

出発の見送りには全然人が来ていなくて、帰国時には大勢の報道陣とファンで埋め尽くされるパターンになりそうです。

やはり、マイナーなスポーツにはありがちなことですが、選手たちの気持ちも少しは考えてあげなくてはならないように思うこのごろです。

2016年世界ランキングベスト10

■ 1位 カナダ

■ 2位 スイス

■ 3位 スウェーデン

■ 4位 スコットランド

■ 5位 ロシア

■ 6位 中国

■ 7位 デンマーク

■ 8位 アメリカ

■ 9位 日本

■ 10位 韓国

世界女子カーリング選手権2016 日本代表 LS北見が快挙!

世界女子カーリング選手権に出場した日本代表は、1997年と2008年大会で4位に入ったのが最高でした。

しかも日本代表が五輪、世界選手権を通じてメダルを獲得するのは今回が初めてになります。

今大会の日本代表は「LS北見」の選手が試合に臨んでいて、28日スイスとの決勝で全日程が終了します。

中でも今回、初のメダル獲得となった日本代表「LS北見」のメンバー、藤澤五月選手(24)に期待がかかっていました。

藤澤選手は以前、「中部電力」に在籍してし、スキップとして日本女子選手権三連覇に貢献した実力者です。

本来なら「LS北見」のスキップは本橋選手でしたが、妊娠したことにより、代わりに藤澤選手がスカウトされ、去年に移籍してきたのです。

もちろん藤澤選手1人の力ではどうしようもないことなのですが、やはりこの加入はチームとしても大きいことでした。

決勝は今大会の予選リーグとプレーオフでともに負けている、世界ランキング2位のスイスが相手ですが、「3度目の正直」で何とか勝ってもらいたいと思います。

Sponsored Link