大黒摩季が病気で離婚?復帰後はMステに18年ぶりの出演!

大黒摩季 画像

2010年11月から病気の「子宮疾患」と不妊治療のため、歌手活動を一時休止していた歌手の大黒摩季(46)が、復帰後初めてテレビ番組で生パフォーマンスを披露するようです。

今年の8月に約6年ぶりとなる歌手活動を再開した大黒は、「Mステ」に出演するのは18年ぶり。

自身が初めてテレビに出演した「Mステ」で、どのようなパフォーマンスを見せるか注目が集まっています。

大黒は2010年10月末をもって無期限の歌手活動休止を発表していました。

もともと大黒は1996年から体調を崩して闘病を続けていたといい、本格的な治療を行うために活動を休止する決断をしたといいます。

患っていた病気は重度の「子宮腺筋症」だけでなく「チョコレート嚢腫(左卵巣嚢腫)」「子宮内膜症」、「子宮筋腫」も併発。

内臓を圧迫するほどの状態だったそうで、旦那との離婚も考えたといいます。

本格的な治療を行うには長期間生理を止める必要があり、強い薬を使わなければならなかったとか。

その副作用がきついので、歌手活動を続けるのは無理だったということです。

Sponsored Link

大黒摩季が病気で離婚?

1996年から体調を崩して闘病を続けていた大黒摩季は、病気の子宮疾患の治療のため、2010年10月末から無期限で活動を休止することを発表しました。

自身のブログでもファンに向けて、「1996年末に発覚し、だましだまし付き合って来ました子宮疾患がここに来てかなり進行し、集中して治療しなければかなりマズイと言うことで、その治療のためやむなく活動休止せざるをえない状況です」と、公表していたのです。

もともと大黒は生理痛がひどく、レコーディング中に倒れてしまうことがあったといいます。

大黒の病気は重度の「子宮腺筋症」以外にも、「チョコレート嚢腫(左卵巣嚢腫)」、「子宮内膜症」、「子宮筋腫」も併発。

数多くの子宮疾患が重なり、子宮や卵巣、卵管がひとかたまりに癒着して子宮全体が大きく腫れ、骨盤の中で大きな塊となって他の臓器を圧迫している状態だったそうです。

チョコレート嚢腫に関しては、先日歌手の岡本真夜(42)も3年前にチョコレート嚢腫で手術を受けていたことを明かしています。

岡本は、「腫瘍が7センチになっていて、放っておくとがんになる可能性がある」と告げられ手術を決断したといい、手術日を決めたが、手術の2週前に再び激痛に襲われ緊急手術をおこなったそうです。

原因はチョコレート嚢腫が破裂したためでした。

一方、大黒摩季は無期限の休止を発表したころは歩けなくなることもあるぐらいに病状は悪化していて、子供を産めなくなる可能性もあったといいます。

大黒は2003年に1才年下の一般男性と結婚。

結婚後は子供を授かりたかったのですが、病気が原因で不妊症と診断されていました。

ですが、あきらめることなくホルモン治療や体外受精に踏み切ったのですが、ハードな音楽活動もしていたため、何度か流産を繰り返し、その結果、さらに子宮に負担をかけてしまうという悪循環に陥ったそうです。

これ以上悪くなれば完全に子供を産めなくなるという状態だったといい、旦那に迷惑がかかると離婚も考えたといいます。

しかし、旦那は大黒の体を第一に考え「無理しないで。まずは体を治そう」と優しい言葉をかけてくれたそうです。

大黒はそんな旦那の優しさに触れて、まずは、病気の進行を止める手術のために活動休止を決めたのでした。

そして、2015年11月に手術を受け、無事に成功。

20年間苦しんできた病を完治させ、今年8月に6年ぶり歌手に復帰しました。

結局、子供はできませんでしたが旦那と離婚することもなく、幸せな結婚生活を取り戻したのです。

Sponsored Link

大黒摩季 復帰後はMステに18年ぶりに出演

1992年に「STOP MOTION」で歌手デビューした大黒摩季は、2ndシングル「DA・KA・RA」がミリオンヒットを記録。

以降も「夏が来る」、「ら・ら・ら」、「熱くなれ」など数々のヒット曲を連発しました。

そんな大黒ですが、デビューからの数年はメディア出演やライブ活動をすることはなく、実在しないとの都市伝説さえ囁かれていました。

そしてついに1997年8月1日、ライブ会場からの生中継という形ながらも初めてメディア出演したのが「Mステ」で、初めて本格的にファンの前に姿を現したのです。

大黒は翌年9月11日にも「Mステ」に2度目の出演を果たしますが、以降からは出演なし。

滅多に歌番組に出演しない大黒は、病気で休養するまでの間でも「Mステ」以外の歌番組に出演しませんでした。

なので、今回の「Mステ」は3度目の出演となり、18年ぶりの出演にもなります。

しかもスタジオ出演は今回が初めてで、往年のヒット曲をメドレー形式で披露するといいます。

先日は「情熱大陸」に出演し、活動休止中だった6年間の闘病生活について語っていましたが、復帰した今では自分自身を音楽バカと称し「今は音楽づくりに飢えているなど」と語っています。

Sponsored Link