星野源のツイッター 本人とは別アカのばかくんのつぶやきが話題に!

星野源 画像

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でガッキーと夫婦を演じた歌手で俳優の星野源(35)が、2011年4月1日にツイートしたことが話題になりました。

ところが、批判を受けたことも事実だとして、5日の公式ツイッターにて、謝罪のコメントを寄せています。

話題のツイートについて星野源は、宣伝用のキャラクター「ばかくん」が発したつぶやきであることを説明。

ツイートしたのは星野本人ではなく、別アカだったとコメントしています。

もともと星野の公式ツイッターは、スタッフが告知を含めてつぶやいているものだそうで、たまに星野が記名入りでツイートしているのだとか。

このアカウントは元々「ばかくん」という別アカのキャラクターが、無茶苦茶な発言と共に星野源の情報を勝手にツイートするという形で2010年頃に始まったといいます。

6年前のエイプリルフールにサプライズでつぶやいたものが、いまごろになって話題になるとは、本人もさぞかし想像もしていなかったことでしょう。

今回は、星野源のツイッターについて検証していこうと思います。

Sponsored Link

星野源のツイッター 本人とは別アカのばかくんとは?

星野源の公式ツイッターには、本人とは別アカの「ばかくん」というキャラクターが存在しています。

※問題のツイート(○印はこちらで編集しています)

この「ばかくん」という別アカは、当時、「なんとか印象に残る宣伝を」と考えて生まれたキャラだったとか。

アカウントは星野本人ではなく、宣伝用のキャラクターとして生み出されたもので、「ばかくんの変なツイートは当時様々な方に楽しんで頂きましたが、2012年頃から段々と現状のスタイルに移行し、2015年にアカウント名も変わったいま、その時代のツイートだけが残ってしまっている状態です」と、ツイートが放置されていたことを説明しました。

また、「ばかくん」の正体は、当時の宣伝スタッフだったとのこと。

そもそも星野本人の発言ではなかったようで、「ばかくん」時代のツイートについては「今回の様に誤解を生んでしまうのはチーム共々本意ではありませんので、削除する方向で検討させて頂きたいと思います。」としています。

今でこそ超人気者になった星野源だが、そもそも昔からのファンは星野が“逃げ恥”の平匡のような草食男子とは対照的な「相当な下ネタ好き」ということは知っているため「なんだ、いつものことか」と程度に思っていたのだとか。

しかし、問題のつぶやくに対してリツイートが1万7千件を超え、いいねの数も1万8千件を超えてしまったことで、星野のエロ成分を知らない人が最近の出来事だと勘違い。

世間は「アカウント乗っ取られたか!?」「このツイッター公式だよな。どうなってんだ!?」と動揺し、今の彼女とのラブラブな様子を目の当たりにしてしまったと女性ファンは思い込んでしまったようです。

今回の件は、昔からのファンは事情を知っていただけに、「ばかくんツイート消さないでー!」「ばかくん…ひっそり探して、ひっそり読んで、ひっそりニヤけるのが楽しみだったのに…。」「ばかくんのつぶやき消されませんように」などと、ツイートが削除されることを惜しんでいるということです。

Sponsored Link

Sponsored Link