浅野ゆう子 彼氏の田宮五郎 死去で激やせ?浅野温子とは不仲だった!?

浅野ゆう子 田宮五郎 画像

かつてトレンディドラマで、浅野温子(55)と共に「W浅野」として人気を博した女優・浅野ゆう子(56)が、8月26日放送の「ダウンタウンなう」にゲストで登場します。

番組では14歳でデビューしてからこれまでの活動年表と共に、トークが展開されるようです。

今もなお独身の浅野ゆう子ですが、結婚して子供のいる浅野温子とはタイプが全く異り、2人の関係に「不仲」との噂もあることから、番組では確信に迫るそうです。

そんな浅野ゆう子にも、過去には結婚を予定していた彼氏の存在がいました。

相手は、およそ2年前にくも膜下出血で死去した俳優の田宮五郎氏(享年47)で、5年間交際を続けていた最中での訃報だったのです。

五郎氏が倒れてからの浅野は仕事の合間を縫って病院に通うなど、献身的なサポートを続けていたといいます。

その際、趣味のテニスやゴルフをやめてまでも五郎氏と一緒にいて、献身的にリハビリを支えたそうです。

その甲斐もあってか、ひとりで外出もできるほど一時は回復したようですが、突如容態が急変し、そのまま帰らぬ人に。

当時の浅野も看病がわざわいしたのか「激やせ」してしまい、昔からの健康的なスタイルは見る影もなくなっていました。

今回は、そんな「激やせ」の状態からこれまでのスタイルに戻った、女優・浅野ゆう子について少し迫ってみようと思います。

Sponsored Link

浅野ゆう子 彼氏の田宮五郎 死去で激やせ?

浅野ゆう子の彼氏は、1978年に死去した俳優の故・田宮二郎氏の次男(息子)俳優の田宮五郎氏でした。

田宮五郎氏と5年間にわたり「極秘交際している」と、報じられたのは、およそ5年前のことで、週刊誌「女性自身」が伝えたのです。

記事の内容は、彼氏の田宮五郎氏が「くも膜下出血」のため手術を受け、現在も入院中で、浅野は仕事の合間を縫って病院に通い、献身的な看病を続けているというものでした。

五郎氏は映画「白い巨塔」やクイズ「タイムショック」の司会などで活躍した田宮二郎氏の次男で、39歳のときに俳優デビュー。

遅咲きすぎるデビューだったため、なかなか仕事が回ってこなかったようですが、浅野がいろんな面でサポートしていたといいます。

2人はもともと、同じ事務所に所属していて、浅野が独立してからも、五郎氏のために自分の知り合いのプロデューサーに頭を下げ、自分の出演するドラマや映画に出演させてもらえるように頼み込んでいたといいます。

そんな中、五郎氏は2012年4月、自宅で筋トレをしている最中に倒れ、搬送先の病院で8時間におよぶ大手術を受けることになるのです。

倒れた当時、2人は同居していたとも言われ、結婚の予定もあったそうですが、浅野の母親が反対していたこともあり、なかなか踏ん切りがつかなかったといいます。

自宅で倒れた五郎氏は、なんとか一命は取り留めるも、くも膜下出血で左半身に麻痺、そして脳にもダメージが残ったそうです。

(浅野ゆう子 激やせ画像)
浅野ゆう子 激やせ 画像

浅野は仕事以外の時間をほぼ全て彼氏の五郎氏に捧げて看病。

そのおかげで当初は車いすだった五郎氏も、杖をついてですが、ひとりで外出もできるほどに回復したそうです。

あとはこのまま順調に回復するのを願っていましたが、突如容態が急変してしまい、2014年11月6日に死去。

このときに見る浅野の姿はというと、彼氏の五郎氏の看病が原因で「激やせ」してしまいました。

Sponsored Link

浅野ゆう子は浅野温子と不仲だった?

かつてトレンディドラマで一世風靡した浅野ゆう子と浅野温子は人気を二分するほどの活躍を見せていました。

2人は同級生で、姉妹と間違われるほど雰囲気も似ていましたが、ウラでは「不仲説」も囁かれ、お互いにライバル視してるとも言われていたのです。

そんな2人がダブル主演を務めた1988年7月期のドラマ『抱きしめたい!』は当時、世の女性たちの圧倒的な支持を受け、話題に。

のちに浅野は「不仲説」について「W浅野ははっきりしてるんです。温子さんは主婦であり、母であり、そして仕事も頑張っている。女性としての王道を歩んでいるステキな方。私はずっと仕事が生き甲斐で、独身で行き続けているキャリアウーマンの王道を生きている」と、タイプの違いを力説し、不仲を否定したのでした。