工藤静香がフライデーで木村拓哉の裏切りを否定!バーニングに利用された?

工藤静香 画像

SMAPのメンバー・木村拓哉(43)の妻で、歌手の工藤静香(46)が週刊誌「フライデー」の直撃取材に対し、反論しているようです。

人気グループ・SMAPの年内解散が発表されましたが、木村拓哉と工藤静香は、今年1月の解散騒動以来、世間で「裏切り者」扱いされています。

本来、SMAPの元チーフマネージャー飯島氏と、メンバー全員の独立が決まっていたものの、木村だけが事務所に残留。

「工藤が木村を説得した」、と報道されたのです。

この件に関して、工藤は「私にそんな力はないです」、「私とSMAPは何の関係もない」などと、「フライデー」のインタビューで真っ向からウワサを否定しました。

木村が「裏切り者」扱いされていることは、「誰かが裏で仕組んでるのかなって思っちゃう」と、思わず本音を漏らしたそうです。

ただ、工藤が独立に反対であったことは確かだといい、木村の残留は工藤の個人的な希望ではなく、芸能事務所「バーニングプロダクション」社長・周防郁雄氏が裏で操っていたとも言われています。

今回は、工藤静香を利用し、木村拓哉をジャニーズ事務所に残留するよう仕向けた「SMAP解散」の黒幕であろう、バーニングの周防社長について迫ってみようと思います。

Sponsored Link

工藤静香がフライデーで木村拓哉の裏切りを否定!

工藤静香が「フライデー」の取材を受けたことについて、本来なら許されないはずですが、工藤はジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長とツーカーの仲で、「木村拓哉のイメージアップにつながれば」という思いからコメントが許されているそうです。

おまけに、囲み取材程度ならば、短過ぎて真意が伝わらないので、たっぷり自身の「反論」を乗せてくれる週刊誌、それも、ジャニーズに対してそれほど敵対的ではない「フライデー」を選んだとされています。

1月の解散騒動で木村だけが事務所に残留したのは、「工藤が木村を説得したからだ。」と言われていることに対して、「私にそんな力はない」と完全否定。

木村だけが「裏切り者」とされていることについては、「誰かが裏で仕組んでいる」とまでぶっちゃげているといいます。

工藤によると木村は「SMAPの25周年コンサートは何があってもやり遂げたい」と、言って一生懸命だったそうです。

それなのに「どうして私たちが“裏切り者”呼ばわりされなきゃならないの!」と怒りをあらわにするひと幕もあったと言われています。

では、誰が木村を「裏切り者」扱いに仕向けたのでしょうか?

その裏には、「芸能界のドン」と称される「バーニングプロダクション」社長・周防郁雄氏の「差し金」によるものだったようです。

Sponsored Link

工藤静香はバーニングの周防社長に利用された?

木村拓哉の独立阻止に動いたのは、バーニングの周防社長と言われていますが、その背景には、田辺エージェンシー・田邊昭知社長との「不仲」が関係しているようです。

周防社長と田辺社長は盟友関係として知られ、ともに「芸能界のドン」と称される人物。

しかし、近頃では「絶縁寸前」の状態だと言われています。

昨年の時点で、SMAP全員の移籍先となるはずだったのが田辺エージェンシー。

その田辺エージェンシーがSMAP全員を引き抜くことになれば莫大な利益を手にすることになるため、周防社長は、なんとしてもそれを阻止したかった。

だから工藤静香に指示をして、木村にジャニーズ残留を訴えさせたのでは?とみられているようです。

工藤が所属している事務所「プロダクション尾木」は、バーニング派であり、現在でも周防社長と工藤は良好関係が続いているのだとか。

SMAP解散はメンバー間の不仲が原因などと言われていますが、大手芸能プロによる「派閥争い」に巻き込まれたという可能性も浮上しているようです。