高橋東吾が変貌して事件発生!妻の貴理子が示談金負担でラビットフット閉店か?

磯野貴理子 旦那 高橋東吾 画像

タレント・磯野貴理子の旦那で、飲食店「ラビットフット」店長・高橋東吾氏が事件を起こしていたことが表沙汰になりました。

事件は2014年11月、東京・歌舞伎町のバーで起きたといいます。

この日は、妻・貴理子のレギュラー番組『はやく起きた朝は…』の担当ディレクターを囲む飲み会が開かれていたらしく、その際、酒に酔った高橋氏が飲み会に参加していた一般女性に暴力をふるったとされています。

殴られた女性は友人に付き添われて救急病院に直行。

加害者の高橋氏はというと、すぐに退店してしまったのだとか。

今回の件は刑事事件になってもおかしくない状況だったのですが、被害者の女性は表沙汰にしたくなかったということで、弁護士に相談。

ただ、謝罪もせずに出ていった高橋氏への怒りはおさまらず、治療費を含めた示談金の交渉に入ったそうです。

また、事件を起こしたころの高橋氏の容姿はというと、「EXILE風に変貌している」と、一部で話題になっていました。

結婚当初こそ短髪黒髪のさわやか青年風だったのですが、髪に金のメッシュを入れ、ヒゲも生やし、まるで“遊び人のような見た目に変貌。

夜の六本木でクラブ遊びに没頭していたといいます。

Sponsored Link

高橋東吾が変貌して事件を起こす

高橋東吾氏の変貌ぶりが話題になっていたのは、事件を起こした2014年の2月初め頃でした。

貴理子と高橋氏は2012年9月に結婚。

2人はバーテンダーとその客という間柄から夫婦に発展しました。

結婚後は貴理子がスポンサーとなり、高橋氏が自分の店「ラビットフット」をオープンさせるなど、公私にわたり支え合ってきましたが、2014年頃には広告代理店やテレビ局関係者に連れられて、夜の六本木でクラブ遊びに興じていたといいます。

そして、2014年10月、妻の貴理子が脳梗塞で倒れると、高橋氏は親身になって看病。

しかし、その1ヵ月後に事件を起こしたのです。

当時、貴理子は脳梗塞で入院中。

代わって飲み会に参加したのが、旦那の高橋氏でした。

(高橋東吾の変貌 画像)
高橋東吾 変貌 画像

高橋氏は貴理子が入院中だというのに、隣に座っていた女性を口説き、それを見ていた別の女性が割って入り、高橋氏に文句を言ったといいます。

注意されたことに腹を立てた高橋氏は、文句を言った女性に暴行。

女性はケガを負い、店内は騒然となったといいます。

すると高橋氏は、周囲に促されたのか、すぐに退店。

女性は友人に付き添われて救急病院に向かったそうです。

そして診断結果なのですが、女性は右上歯の歯根破裂と顔面外傷後瘢はん痕こん拘こう縮しゆく(皮膚の変形)で全治6か月の重傷。

被害女性は表沙汰になるのを避けて被害届を出さなかったそうですが、弁護士を雇い治療費を含めた示談金の交渉に入ったといいます。

Sponsored Link

高橋東吾 妻の貴理子が示談金負担?弁護士は北村晴男?

女性は被害届を提出し、高橋東吾氏側も暴力行為は認め、示談金を払うことになったようですが、示談書の文言について一部一致していないことから、いまだ支払われていないといいます。

示談金は数百万円ほどとされていますが、全治6か月の重傷を負っている割には安い金額です。

そして、妻・貴理子の退院後、高橋氏側も男性弁護士をつけたそうです。

その弁護士について言われているのは、貴理子がレギュラー出演中の『行列のできる法律相談所』で共演する最強弁護士軍団の1人だそう。

ということは、北村晴男氏、菊地幸夫氏、本村健太郎氏の中の誰か。

噂では北村晴男氏が担当していると言われているようです。

高橋東吾 ラビットフットは閉店か?

高橋東吾氏の夢は自分の店を持つことだそうで、妻の貴理子はこの夢に出資する形で、都内・青山のバー『ラビットフット』を文字通りプレゼントしたといいます。

高橋氏は愛情だけで貴理子と結婚したわけではなく、夢をかなえたかったことから結婚に至ったと言われています。

貴理子自身も若い男性と添い遂げるという幸せを手にしたかったことで、利害関係が一致したと言えるのですが、肝心のバーは大儲けしているわけではないから、示談金の交渉も慎重になっているそうです。

貴理子には自分の治療費もあるし、今後仕事もどうなるかわかりません。

現在、レギュラーはありますが、言うほど金は持ってないといいます。

しかし、示談金の方はどうやら貴理子が負担することになると思われます。

そうなった場合は『ラビットフット』を閉店せざるを得ないことになりそうです。

Sponsored Link