南野陽子の旦那(画像)が横領で告訴?銀座でも金銭トラブル報道!

南野陽子 画像
   

2018年1月5日発売の週刊誌「フラッシュ」が、タレント・南野陽子(51)の旦那が横領で刑事告訴されていることを報じています。(画像あり)

南野陽子は2010年5月に、4年間交際していたクリエイティブディレクター・箭内道彦氏と破局。

その2カ月後に共通の友人を通じて知り合ったという4歳年下の実業家と結婚しました。

当初、結婚相手については、IT関連の会社社長と紹介されただけで名前は公表されなかったのですが、旦那の正体は金田充史氏だったことがネット上で特定されています。

その金田充史氏が、横領で刑事告訴されているということなのですが、金田氏といえば、かつて週刊ポストにトラブルを報じられた人物。

そのときの記事によると、金田充史氏は2014年に芸能プロダクションを経営していた女性から290万円を騙し取ったとして告発されているのです。

さらに、翌15年には、銀座のクラブママとの関係が発覚し、別れ話のもつれで金銭トラブルに発展したのだとか。

さらに金田氏が関わる医療法人で、クリニックのリフォーム代700万円の未払いが発生し、民事訴訟を起こされ敗訴したこともあるようです。

そして極めつけは、無免許運転で2度の検挙あり。

旦那の不祥事が明るみになるにつれ、離婚危機が報じられている南野陽子ですが、フラッシュが自宅マンションを直撃すると、応答しているので、現在2人が別居状態ではないとみられています。

Sponsored Link
   

南野陽子の旦那(画像)が横領で刑事告訴

フラッシュの記事によると、昨年の年末に東京赤坂で医療法人を経営する男性は、南野陽子の旦那(画像あり)に対し、「業務上横領」で告訴状を提出したとあります。

事の始まりは2016年7月、告訴状を提出した男性が経営する医療法人に、金田充史氏が事務局長として就任したことがきっかけで横領に発展。

事務局長として経理を任すことになった金田充史氏に、印鑑と通帳を渡したことがまずかったようです。

経営の方は金田充史氏が事務局長になるまでは順調だったが、2016年12月に掛かってきた電話で異変を察知したといいます。

電話の相手は、融資を受けている新潟の地方銀行からで、今月分の引き落としがなかったという内容だったとか。

(南野陽子の旦那 画像)
南野陽子 旦那 画像

そのことを金田充史氏に確認すると、「ネットバンキングから振り込んだ」との返答だったようです。

しかし、金田充史氏の言ったことはデタラメで、結局引き落としができなかったため、男性は、自分の口座から振り込みを済ませたとか。

さらに2017年1月には「半年前から検査料が振り込まれていない」と、血液検査を依頼している会社から連絡が来たといいます。

男性は再び金田充史氏を問い詰めたようですが、時すでに遅し。

調べてみると、従業員の給料だけ支払っていて、年金、税金、保険料などの支払いが滞っていることが判明したのだそうです。

そして、男性はすぐに金田充史氏をクビにして、通帳と印鑑を取り返したらしいのですが、口座からは2億円近い金を引き出していることが発覚。

金田充史氏は、バレないよう口座に一部の金を戻してはいたが、現在も9000万円以上が何に使ったのか分からないままになっているということです。

金田充史氏はなぜ、勝手に人の金を引き出したのか。

男性から横領で刑事告訴された金田充史氏はフラッシュの取材に、「横領したという事実はない。僕の方が横領されている。僕の方から提訴していますからそれ以上は言えません。」と返答したといいます。

しかし、フラッシュが調べたところ、金田充史氏が提訴している形跡は見つからなかったそうです。

Sponsored Link

南野陽子の旦那が銀座で金銭トラブル

南野陽子の旦那は、2014年に芸能プロダクションを経営していた女性から290万円を騙し取ったとして告発されています。

金銭トラブルを告発したのは40代半ばの女性で、このことは週刊ポストが報じていました。

そのときの週刊ポストによると、女性は2009年に金田充史氏と知り合い、深い関係になったことが書かれているのです。

金田充史氏は2010年4月、グアム旅行に行くからと、女性のクレジットカードを持ち出したのだとか。

すると、帰国後、クレジット会社から200万円を超える請求額が女性に届いたそうです。

当然、女性は金田充史氏からカードを返してもらったそうなのですが、翌月にも50万円近い請求が来たといいます。

さらに女性は、金田充史氏と南野陽子の交際をその直後に知ったといい、騙されていたことに気付いて290万円の借用書にサインをさせたが、結局現在も290万円は返済されないままでいるそうです。

また、金田充史氏は南野陽子との結婚後、銀座の高級クラブのママと深い仲になっていたことが報じられました。

しかもママが金田充史氏の子を身ごもったことから金銭トラブルまで発生しているのだとか。

そもそも金田充史氏は、南野陽子との結婚後の2012年に客としてクラブに来店。

以来、ママに惚れ込んでいたといいます。

そして金田充史氏は、ママを熱心に口説いて関係が始まったとか。

ママが妊娠したときも金田充史氏は大喜びしていたといい、子供を認知することと養育費の支払いに応じたそうです。

さらに当時の金田充史氏は「妻とはもうすぐ離婚する。君と再婚したいから、先に子供だけ作らせてほしい」と言い続けていたらしいのですが、ママが身ごもったことが分かると、態度が一変し、「離婚はできない」と言い出したといいます。

結局、ママはシングルマザーになって子供を育てることを決意し、9月中旬に女の子を出産。

そしてママは後日、金田充史氏に対して出産費用の半額などを求める裁判を起こしたのでした。

南野陽子の旦那 過去に無免許で2度の検挙

南野陽子の旦那が無免許で検挙されたのは2015年12月30日のこと。

免許を持っていないにもかかわらず、都内の繁華街を車で運転していたところを警察に発見されたといいます。

このとき金田充史氏は、年明けの元日に釈放されたようですが、実は同年8月にも同じく無免許で検挙されて拘束されているのです。

金田充史氏は、1年に2度も無免許で検挙されているのですが、これ以外にも金銭トラブルや浮気のトラブルが取り沙汰されてきました。

相次ぐトラブルに南野陽子との離婚が囁かれてきましたが、2人は現在も同居しているといいます。

フラッシュが、旦那の横領の件で自宅マンションを訪ねると、南野陽子がインターホン越しに出てきているので、離婚していないと思われます。

そして、旦那の横領の件を把握しているのか尋ねると、南野陽子は「迷惑なので事務所を通してもらえませんか」とコメント。

それならばと、所属事務所を通じて質問したらしいのですが、期日までに回答はなかったといいます。

なお、現在夫婦が住んでいる高層マンションは、南野陽子の所有物で、2人の財布も別々だとか。

旦那の金田充史氏に何かあっても、南野陽子に影響が及ばないようにしているのだそうです。

Sponsored Link