新井浩文と夏帆が破局?被害者と余罪を実話ナックルズが!今後は引退?

新井浩文 画像
   

俳優の新井浩文(本名・朴慶培(ぱく・きょんべ=40))が、高畑裕太以来の不祥事を起こしていたことがわかりました。

そのため、現在、新井浩文が出演している映画やCM、ドラマの関係者は対応に追われているそうです。

ただ、今回の件が明るみになる前から『実話ナックルズ』が報じていました。

当時、実話ナックルズは名前こそイニシャルでしたが、『アウトレイジ』出演俳優の件で警察が動いていて、Xデーは「1月末から2月中旬」と報じていたのです。

さらに、その報道は新井浩文のことだと分かる人には分かったようで、業界中が騒然したのだとか。

そして、実話ナックルズが報じたとおり、2月1日にXデーを迎えたというわけです。

そこで今回は、新井浩文と夏帆が破局しているという報道や、被害者はまだ他にもいて、余罪があるという実話ナックルズの報道、今後の活動は引退になるのか、などについてまとめてみました。

Sponsored Link
   

新井浩文と夏帆が破局?

新井浩文は、今回の件でかねてから交際が報じられてきた、女優の夏帆(27)と破局するかと思われましたが、一部の報道によると、すでに破局しているということでした。

また、新井浩文は結婚しておらず、独身ということもあって共演者キラーと言われていたようです。

歴代の彼女を掘り返してみても、女優の池脇千鶴、二階堂ふみは映画の共演がきっかけでした。

さらに、父親に坂本龍一、母親に矢野顕子を持つミュージシャンの坂本美雨も、テレビ番組に共演で知り合っています。

夏帆の場合も、ドラマの共演がきっかけで交際に発展したといい、2016年5月の週刊誌で2人の熱愛が発覚しました。

新井浩文 彼女 夏帆 画像

その後は2017年にデート現場が目撃されたりと、順調に愛を育んでいると思われました。

ところが、昨年あたりから破局のウワサもあったようで、2人の破局を報じている「フラッシュ」によると、新井浩文は、共演者に手を出すからと悪評がたって警戒されていたそうです。

なので、最近は水商売の女性が中心となって、素人ばかりを口説いたりしていたといいます。

ただ今回、フラッシュは夏帆との破局を報じていますが、真相は謎のままです。

Sponsored Link

新井浩文の被害者と余罪を実話ナックルズが報道

事前に情報をつかんでいた実話ナックルズは、『アウトレイジ』の出演俳優の不祥事を報じていました。

一説には、元TOKIOの山口メンバーのことも、実話ナックルズが最初に情報をつかんでいたのだとか。

その実話ナックルズによると、新井浩文には余罪があって、被害者は他にもいるとしています。

今回報道されている被害者は、30代の女性で、当初は金額を提示され、示談を持ちかけられたそうです。

しかし、被害者は示談に応じず、被害届を提出。

それが去年の8月で、そこから捜査が始まり、今回に至ったということです。

ただ、実話ナックルズが報じていたときは、まだ微妙な状況だったとか。

元TOKIOの山口メンバーのように書類送検になる可能性もあったり、身柄をとる、という話も出ていたといいます。

いずれにしても、芸能界に激震が走ったのは言うまでもありません。

新井浩文の今後は引退?

新井浩文は今回の件で、本名や国籍、住所などの個人情報がマスコミによって、さらけ出されました。

国籍でいうと、新井浩文は在日3世で韓国籍。

20005年に国籍を北朝鮮から韓国に変えたことも報じられています。

また、マスコミが大勢駆け付けている自宅マンションの場所も、住所からほぼ特定されているようです。

報道によると、新井浩文の自宅マンションがあるのは世田谷区太子堂3丁目。

さらに住んでいるマンションは、10階以上の高さのマンションで、敷地内には数棟並び、総戸数約300戸、広大な中庭もあるということから、「グ○○○ヒルズ三軒茶屋ヒル○○○ガーデン」ではないかと言われています。

そして、今後の活動についてですが、現在、ネクソンオンラインゲーム「FAITH」のウェブCMが一時閉鎖。

6月公開予定だった出演映画「台風家族」の公開が延期されることが決まっています。

また、秋に公開される「善悪の屑」に関しては、いまのところ今後の予定は発表されていませんが、WOWOWでは新井浩文の出演するドラマや映画の放送を当面の間、自粛することが分かっています。

ちなみに、WOWOWの放送は連続ドラマW「ヒトリシズカ」、「イノセントデイズ」、「贖罪」のオンデマンド配信が中止。

2月12日に放送予定だった映画「闇金ウシジマくん」は、別の作品に差し替えられるそうです。

いずれにせよ、今回の件で莫大な違約金が発生すること必須ですし、事務所側は浅野忠信の父親のとき以上に被害を受けることになります。

今回の件と同じことをした高畑裕太や、小出恵介が芸能界から引退したように、新井浩文の今後にも引退の文字がちらつくことでしょう。

そして、被害者が示談に応じなかったことを考えると、起訴されるのはまぬがれないだろうし、厳しい処分が科されることになる可能性がありそうです。

Sponsored Link