ピクセル(映画)の吹き替え声優一覧 キャストとゲームキャラクターは?

映画 ピクセル

2015年公開の映画「ピクセル」が、9月15日放送の金曜ロードSHOW!で地上波初登場します。

映画「ピクセル」は、1980年代に大流行した「スペースインベーダー」や「パックマン」、「ギャラガ」など、日本で生まれたテレビゲームのキャラクターに変身した宇宙人が地球を侵略。

子供のころにゲームばっかりやっていた「ゲームオタク」たちが、宇宙人を倒すために立ち上がる姿を描いています。

また、この映画では、30年も前に流行ったゲームのキャラクターたちが登場するだけに、評価は年代によってまちまち。

ストーリーはドタバタコメディですが、当時のゲームを知っている年代には、「懐かしさがあって面白かった」という感想が聞かれ、テレビゲームを知らない年代には評判が悪かったようです。

そして、日本語吹き替え版には柳沢慎吾、渡辺直美が声優に起用されていますが、キャストのアダム・サンドラーの吹き替えを担当した柳沢慎吾の演技が「下手くそ」という声が多くあります。

柳沢の棒読みが残念なので、見るなら吹き替え版より字幕版の方がおすすめのようです。

Sponsored Link

ピクセル 映画の吹き替え声優一覧とキャスト

映画「ピクセル」の日本語吹き替え版の主題歌には、前髪ぱっつんのヘアースタイルがトレードマークの三戸なつめの『8ビットボーイ』が起用されています。

日本語吹き替え版で声優を務めた柳沢慎吾の演技がひどくて「本物の声優を使って欲しかった」という声も聞かれますが、柳沢といえば、『マダガスカル』シリーズでシマウマのマーティを演じるなど、他の作品でも声優としても活躍しています。

ただ、実写ハリウッド映画の吹き替えは、今回が初めて。

作品ではアダム・サンドラー演じる、ゲームの元世界チャンピオンのサム・ブレナー役で、「やっぱり実写ならではの、抑えた演技は難しい。ディレクターさんにも『もっとゆとりを持って』と言われちゃった。どうしても、オーバーな演技になるから」と反省しているようです。

映画「ピクセル」の吹き替え声優一覧とキャスト

・サム・ブレナー
アダム・サンドラー、アンソニー・イッポリート(13歳)/柳沢慎吾、柴井伶太(13歳)

・ウィル・クーパー
ケヴィン・ジェームズ、ジャレッド・ライリー(13歳)/木村雅史、青木柚(13歳)

・ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐
ミシェル・モナハン/本田貴子

・エディ・プラント
ピーター・ディンクレイジ、アンドリュー・バンブリッジ(13歳)/神谷明(両方兼任)

・ラドロー・レイモンソフ
ジョシュ・ギャッド/かぬか光明

・ポーター大将
ブライアン・コックス/浦山迅

・マティ
マット・リンツ/沢城みゆき

・ジェーン・クーパー
ジェーン・クラコウスキー/加藤有生子

・セリーナ・ウィリアムズ
本人/渡辺直美

・マーサ・スチュワート
本人

・マックス・ヘッドルーム
マット・フリューワー/山寺宏一

・岩谷教授
デニス・アキヤマ/原康義

・ディラン・コーハン軍曹
アフィオン・クロケット/山本兼平

・ヒル伍長
ショーン・ビーン/田中正彦

・バグショー首相
フィオナ・ショウ/一城みゆ希

・司会者
ダン・エイクロイド/玄田哲章

ピクセル 映画の登場ゲームとキャラクター

映画「ピクセル」は1980年代に流行った「パックマン」や「ドンキーコング」、「ギャラガ」、「スペースインベーダー」などといった日本が誇るゲームキャラクターに姿を変えた宇宙人が地球侵略を企てるといったストーリーになっています。

そのゲームの魅力に惹かれた当時の子供たちが、こぞって、家でテレビゲームを夜遅くまでしたり、ゲームセンターに入りびたったりします。

そんな時代にNASAは宇宙人との交流を願い、地球の“紹介映像”を宇宙に向けて発信。

その中には当時流行していたゲームの映像が入っていたのですが、受け取った宇宙人は挑戦状と勘違いし、ゲームキャラクターたちに扮して地球を侵略しにやって来ます。

そんな作品の中に登場するゲームとキャラクターは以下の通りになっています。

映画「ピクセル」の登場キャラクター一覧

・ギャラガ

・アルカノイド

・ドンキーコング

・マリオ

・センチピード

・ミサイルコマンド

・ダックハント

・パックマン

・Qバート

・ドージョークエスト

・スペースインベーダー

・テトリス

・フロッガー

・ロボトロン2084

・ジャウスト

・バーガータイム

・ペーパーボーイ

Sponsored Link